私の思いを綴ります。
私はセラピストとして人を癒す仕事で起業しましたが、たくさんの人が起業してはその道を
諦めてやめていかれています。事実3年以上続く自宅サロンは5%以下とも言われています。
私もちょうど3年でお店を潰してしまい、自宅サロンだけにして
本当にお金に困り、苦しい時期を送っていました。
セラピストさんは人を癒すのに生きがいを感じるとても素晴らしい人たちです。
ただどうしても今の現状で成功するのは数字的にも出ていますが、難しいというのが事実です。そんな中で気づいたとても大切な知恵を
できるだけ多くのセラピストさんに伝えたいと思っています。 

そして何故私がママセラピストを応援したいかと言いますと、
特にママセラピストって普通のセラピスト以上に
頑張ってるはずだよなってどう考えても
大変だよなって。

 

そして私のクライアントにも
ママセラピストさんがとても多いんです。
そして大変な中頑張っているんです。

 

あと自分の話になりますが
実は今は元気なのですが幼少の頃に
母親が持病で自宅にほとんどいませんでした。
そしてその事実は今現在は私にとってはとても
大切なメッセージであると受け取ることができているのですが、

 

それは今までの自分にとってもとても
大きな体験であり
よくよく深く考えたら
今までの人生を振り返って見たら
そこは私にとってのとても大きな人生のテーマにもなっていました。

 

「女性が、お母さんが元気でいること」

 

このことは日本の未来のためにも本当に大切なことだと確信しています。
だからこそ、私はママセラピスト(ママ起業家)を応援し続けたいと心から
思っています。